« 空と私と太陽と2 | トップページ | 神様からの贈り物 »

2006年7月 3日 (月)

空と私と太陽と3~最終回~

今回は「空t(・・・略)」の最終回となります。

 

帰りの途中で日も落ち始め、今日はいい夕日が見れるかなと思ったので久々に夕日を撮影することにしました。

 

湖を見渡せる遊歩道で通りがかったおばちゃんに

 

「あそこにタンチョウいるよ」

 

と言われたので、これはシルエットタンチョウもしくは水辺に反射するタンチョウを撮れるかもしれない!と思いダッシュしたところ・・・

Dsc_14780013

えっ?タンチョウどこ?ドコ?(T-T ))(( T-T)ドコ?

 

 Σ(´Д`lll)

 

いなくなっちゃいました・・・(´・ω:;.:…

 

いいよーだ!タンチョウなんかいなくてもいい写真撮れるもんね~(,,-_-)イジイジ 

はい、最近の皆様のコメントのおかげでいい気になっています。調子こいてます。

こくのは屁だけで十分です。 OTL=3 ブッ

もう自分でもわけわかんないです・・・

 

ホラッ!!(自信有り気に)

Dsc_14930015

Dsc_15000016

前回に引き続きこれも壁紙にしたくなりますね?(えっ?別にしたくない?)

しょうがないですね~(何が?)

壁紙用にサイズ大きいの用意しときましたよ~(だからいらないって・・・)

もう少し下にダウンロードできるようになっていますので、是非ダウンロードしてください。

最後にもう1枚

Dsc_15020017

何となく2本の枯れ木が人に見えてくるのは私だけでしょうか?

そんな私はロマンチストか妄想癖がかなり危険な域まで達しているかのどちらかでしょう。

 

 

7/1に撮影した写真はこれで終了です。

 

で、最後に皆様のご要望どおり壁紙を前回のフルスクリーンバージョンをプラスしたものを含め10枚ダウンロードできるようにしました。

コチラ→

 

 

 

 

 

 






クリックした人手上げてくださ~い

 

“(((( ´,,_ゝ`)))) ププッ プルプルッダマサレテイルシ

 

本当はコチラ(ちょっと重いかもしれません。まとめてZipに入れています。)→

 

来週も晴れるといいなぁ・・・

|

« 空と私と太陽と2 | トップページ | 神様からの贈り物 »

コメント

>>拓隊長さん
山梨県は山に囲まれているから確かに目線と同じ高さで夕日を見るというのは難しいかもしれませんね。
でも、山の合間から見える夕日もいいと思いますよ!

>>天・藍さん
毎度ありがとうございます!!
騙された皆様にはホント感謝、感謝です。
しかも騙されて感謝されるなんて・・・
照れるな~ノ(´д`*)

投稿: yossea | 2006年7月 9日 (日) 15時39分

当然しっかり騙された後、キッチリ壁紙セット頂きました。
どーもありがとうございます♪(色々な意味を込めて…(-公- ))

投稿: 天・藍 | 2006年7月 5日 (水) 21時37分

m(__)mおばんです!?いつも思うのですが、目と同じ高さに陽が沈むのって憧れです。

投稿: 拓隊長 | 2006年7月 4日 (火) 21時35分

>>やすみさん
騙されたんですね!!
ありがとうございます!!(爆)
そうですね、主婦は夕方が忙しいんですよね・・・
いつか、やすみさんの夕日をバッグにシルエットの花を撮った写真を見てみたいですね~


>>べぃじゅさん
べぃじゅさんが引っかかるのは想定の範囲内です(失礼?「純粋」という意味ですよ!!)
おかげで壁紙に設定してもらえて一石二鳥です!!
ありがとうございます!ありがとうございます!ありがとうございます!(3回言ってやった!)

投稿: yossea | 2006年7月 4日 (火) 21時10分

くぉら~~~っ!!(;`O´)o
騙しおって…うぬぬ…
しょうがないのでダウンロードした写真を壁紙にしてあげました。壁紙にしてあげました!(2回言ってやった!)

投稿: べぃじゅ | 2006年7月 4日 (火) 14時49分

はい、だまされました。(-_-;)

いいですねぇ、こんな夕日が撮れるなんて。
考えてみたら、主婦にとって、夕日が沈む時間は、一番忙しいのだ!!

投稿: やすみ | 2006年7月 4日 (火) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28772/2474214

この記事へのトラックバック一覧です: 空と私と太陽と3~最終回~:

« 空と私と太陽と2 | トップページ | 神様からの贈り物 »